MENU

最近肩が凝ったり、腰痛がひどかったりすることはありませんか?
肩こりや腰痛は仕事だけが原因ではありません。寝ている時に良い姿勢で眠ることができずにいることも原因の一つです。

 

肩こりや体の不調の原因になっているかもしれないのが今使っているマットレスなんです。
マットレスは数年使っているとへこたれて歪んできます。歪んだマットレスを使っていると快眠が妨げられ、疲労や体の凝りなどの原因になります。
マットレスを一度を見直してみてください。マットレスを変えてみるだけで毎日の睡眠の質が上がります。

 

 

高反発マットレス

1.毎日の眠り・健康を支える高反発マットレスランキング

 

13層やすらぎマットレス

13層やすらぎマットレス

シングル98,000円
サイズ(幅97cm×長さ196cm×高さ27cm)

快眠度 ★★★★★
体へのいたわり度 ★★★★★
機能性 ★★★★★
寝心地の良さ ★★★★★

「腰痛肩こり改善・快眠・機能性をいいとこどりしたマットレス」
高反発マットレスの中で最もおすすめなのが13層やすらぎマットレスです。
大きな特徴は27cmの分厚さで、反発性が高いのにふかふかで気持ちの良い寝心地が魅力です。
寝るときに体にかかる体重横方向にを分散させる構造で、腰や肩への負担が少なく、日中の腰痛・肩こり改善に効果を発揮します。
コイルが通常のマットレスよりもたくさん入っていて耐久性にも優れています。
まさにパーフェクトなマットレスです。

 

モットン

モットン

シングル39,800円
サイズ(幅97cm×長さ195cm×厚み8cm)

快眠度 ★★★★★
体へのいたわり度 ★★★★
機能性 ★★★★
買って失敗しない度 ★★★★★

「90日間のお試し&返金保証で安心!」
マットレスはそう安い買い物ではありません。それなのに洋服や化粧品と違って気軽にお試しできる商品でもないです。
しかし、マットレスは実際にそこで寝て起きてみないと使い心地なんて分からないですよね。
モットンは買って失敗のないよう、90日間のお試し期間のある画期的なマットレスです。
使い心地が気に入らなければ、購入後90日以内なら返品・返金をしてもらえます。
高反発マットレスがどのようなものなのかイマイチイメージできない人におすすめです。

 

エアウィーヴ

シングル98,000円
サイズ(幅100cm×長さ195cm×厚み10cm)

快眠度 ★★★★
体へのいたわり度 ★★★★
機能性 ★★★★★
手入れのしやすさ ★★★★★

 

「スポーツ選手がホテルに持ち運ぶほどの本格マットレス」
エアウィーヴは様々なスポーツ選手が愛用していると話題のマットレスです。
コンパクトな割に価格は高めなのですが、airfiber(極細繊維状樹脂)という新素材でできている新しいタイプの商品です。
反発性の高いマットレスは重く扱いにくいものが多いのですが、エアウィーヴはとっても軽く持ち運びも便利です。
また、エアウィーヴに使われている素材は水洗い可能なので、お手入れも簡単でいつでも清潔な状態で使うことができるのが魅力です。

2.マットレスの高反発・低反発って?

高反発

マットレス選びでまず最初に決めるのが、高反発マットレスか低反発マットレスかです。
どちらもメリット・デメリットがあり、毎日の快眠を左右する最も重要なポイントとなります。
双方のタイプの特徴を詳しく見ていきましょう。

 

2-1.低反発マットレスのメリット

  • やわらかく寝心地がいい
  • 衝撃を吸収してくれる

低反発マットレスの魅力は何といってもやわらかな寝心地です。
マットレスが大きく沈むので、体が包まれたような感覚になります。
どんな体勢でも体にフィットしてくれるので、心地よく眠ることができます。

2-2.低反発マットレスのデメリット

  • 体圧が分散されず腰痛が肩こりの原因になる
  • 耐久性が劣る
  • 温度で固さが変わってしまう

 

低反発マットレスは柔らかいのがメリットですが、柔らかさがデメリットとなることもあります。
体が大きく沈むと、お尻や頭など重量が大きい部分だけに負荷がかかってしまい、腰痛や肩こりの原因となってしまいます。
高反発マットレスに比べると、へたってしまうのが早いのもデメリットです。
腰痛や肩こりが心配な方や、マットレスを長く使いたい人には低反発はあまりおすすめできません。

2-3.高反発マットレスのメリット

  • 体圧分散に優れて体に負担がかかりにくい
  • 反発力があり寝返りが打ちやすい
  • 通気性が良く、耐久性も高い

 

健康志向の方はたいてい高反発マットレスを選びます。
低反発のように体が沈みすぎないので、負荷が一点にかかりすぎないのが最も大きな特徴です。
寝返りは体の負荷を分散させるために必要不可欠な動きなのですが、高反発マットレスは寝返りの妨げもないので体への負担をかけずに眠ることができます。
高反発マットレスは耐久性に優れていて、分厚いタイプのものは10年以上持つ商品が多いです。

2-4.高反発マットレスのデメリット

  • 重量があり扱いにくい
  • 低反発マットレスよりも価格が高め
  • 洗濯できない

 

 

高反発マットレスは重量があるものが多く、扱いにくいところがデメリットとして挙げられます。
大きいので、洗濯ができないのも難点です。
ただ、マットレスは日当たりの良いところに立てかけておくだけでも清潔に使うことができます。

2-5.今注目なのは高反発マットレス

10年ぐらいまでは、寝心地の良さから空前の低反発ブームでした。
しかし、最近では高反発の方が体への負担が少ない高反発マットレスが見直されてきていて、高反発マットレスの方が周流となってきました。
耐久性も高反発マットレスの方が高く、自分にあったものを長く使いたい人の間で人気になっています。

3.高反発マットレスの選び方

高反発マットレス

では高反発マットレスはどうやって自分のお気に入りを見つければいいのでしょうか?
マットレス選びで重要視しておきたいポイントをいくつかまとめてみました!

性能で選ぶ

まずは、マットレスの性能(耐圧分散性・耐久性・保温性・寝心地)からマットレスを選ぶポイントをご紹介していきます。

3-1.体の一部分に負担がかからないもの

高反発マットレスを買うメリットで最も大きいのが体への負担の少なさです。
よって高反発マットレスを買う時は極力体が負担に感じないマットレスを選ぶ必要があります。

3-1-1.腰痛・肩こり改善のキーワード「体圧分散性」

そこで注目したいワードが“体圧分散性”です。
体重は小さい点で支えるよりも、大きな面で支えた方が負担は少ないですよね。体重が1ヶ所に偏らない性質が体圧分散性です。

 

寝ている体勢の時も同じで、反発力が強いマットレスは面全体で体重を支えることができます。
体圧分散性が高いと、肩や腰に負担がかからないのでコイルなどが入っている反発力が強いマットレスがおすすめです。

3-2.長持ちするもの

上の方でも触れましたが、質の良いマットレスは決して安くはありません。
よって、耐久性が高いマットレスを購入した方がトータルでは安く済ませることができます。

 

では、耐久性に優れたマットレスの選び方をご紹介します。

3-2-1.耐久性に優れたマットレスとは?

通常、マットレスの寿命はスプリング(コイル)のないものは約5年、スプリングが入っているものは約10年と言われています。
まずは、マットレスの中にコイルが入っているものに注目してください。

 

またコイルの量でも耐久性は変わってきます。
コイルが多く入っているものは、それだけ多くのコイルで体を支えることができるので、マットレスがへたりにくくなります。

 

コイルがたくさん配置されているものを選ぶと良いでしょう。

3-3.通気性が良いもの

寝ている時は汗などをかいてどうしてもじめじめとしてしまいます。
特に夏は、この湿気が快適な睡眠を妨げてしまいます。

 

マットレスには、睡眠時の湿気を吸収してくれる効果がありとても快適なのですが、その分マットレスに湿気がこもってしまいます。
マットレスに湿気がたまってしまうと、清潔な状態で使うことができません。

3-3-1.マットレスは通気口があるものを!

マットレス内の湿気を外に逃がすには、マットレスに通気口を開けるのが有効です。
しかし、自分でマットレスに穴なんてあけられないですよね。

 

ですので、元々通気口が開いているマットレスを選ぶと常に清潔な状態で眠ることができます。

3-4.保温性があるもの

マットレスは基本的にオールシーズン使うものです。
夏は快適だけど冬は寒かったり、冬は暖かいけど夏は寝苦しいと不快感を覚えてしまいます。

 

マットレスを選ぶなら年中快適に過ごせるものが好ましいです。

3-4-1.温度調節が可能な素材に注目

マットレスに使われている素材で、体温によって熱を逃がしたり保温したりできる素材があります。
温度調節可能な素材はたくさんあるので、いろんな商品から気になる素材を見つけてみてください!

3-5.高さがあり、底つき感がないもの

マットレスは日々の睡眠の質を支える大切なアイテムです。
よってマットレスを選ぶ上では、もちろん寝心地の良さが重要になってきます。

 

マットレスの寝心地を左右するポイントはマットレスの高さです。
一般的に厚みがあるマットレスは寝心地が良いといわれています。

 

そのため、マットレスの上に寝て底つき感のないマットレスを選ぶようにしましょう。
高反発マットレスなら、10cm以上の高さが目安です。

使いやすさで選ぶ

次に、マットレスをサイズ展開・メンテナンスのしやすさ・補償制度の使いやすさで選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

3-6.サイズ展開が豊富

マットレスはベッドのサイズや部屋の広さに合わせて選ぶ必要があります。
ベッドマットレスを探している人や、部屋のスペースが限られている人は、マットレスのサイズも重視して選びましょう。

 

最低でも、シングル・セミダブル・ダブルのサイズ展開があるマットレスがおすすめです。

3-7.自分に合ったメンテナンス

マットレスは定期的にメンテナンスを行うことで、品質の良い状態を長持ちさせることができます。
敷布団タイプのマットレスなら、自宅で丸洗いできるタイプがおすすめです。わざわざ布団クリーナーなどを購入しなくても清潔な状態を保つことができます。

 

また、ベッドマットレスは自宅での丸洗いが難しいので、通気性の良いマットレスを選ぶのがおすすめです。

3-8.安心の保証制度

店舗でマットレスの寝心地を試しても、実際に睡眠を取ってみると寝心地への実感が変わることがあります。
通販になると、実際に寝心地を試すことができないので、自分の体に合うのかなおさら不安です。

 

そこで、便利なのがマットレスの返品・返金補償制度です。この保証があれば、購入後に使用していてしっくりこなくても、一定期間以内に連絡をすれば返品手続きをすることができます。

 

保証期間は平均60日?90日で、購入後もじっくりお試し可能です。商品を買って失敗するのが不安な人は、保証付きの観点からもマットレスを選んでみてください。

4.自分に合ったマットレスを選ぶことはこんなに重要!

腰痛マットレス

使っている時は寝ていて意識のない状態ですが、マットレスは毎日長時間使っているものと考えてください。
そのマットレスが自分の体に合ってないと体に不調が出てくるのはごく当然のことです。
マットレス選びは絶対妥協しないでください。自分にとって良いマットレスを選ぶことはとても大切なんです。

4-1.睡眠の質が上がる

寝心地のいいマットレスを使用すると睡眠の質が上がり、同じ睡眠時間でも疲労の回復度が格段に上がります。
睡眠の質が上がると、起きるときに目覚めよくシャキッと起きることができます。
毎日質の良い睡眠を続けることで、睡眠中に体内のメンテナンスもしっかり行われ、生活習慣病の改善にもつながります。

4-2.腰痛・肩こり改善

高反発マットレスは正しい姿勢で眠ることができます。
1ヶ所だけ負荷がかかった状態にはならないので、肩こりや腰痛の原因を根本から改善することができます。
また、寝返りが打ちやすくなると体への負担がグッと減ります。

5.睡眠の質が上がる!体が楽になる高反発マットレスランキング

13層やすらぎマットレス

13層やすらぎマットレス

シングル98,000円
<おすすめポイント>
・最高品質で高密度のスプリング(コイル)配列で耐久性・体圧分散性抜群!
・27cmの厚みで高反発マットレスなのに寝心地がいい
・通気口4ヶ所付きで通気性に優れている
・温度調節可能なハイグレードニットで夏は涼しく冬は暖かい

 

 

モットン

モットン

シングル39,800円
<おすすめポイント>
・厚さ8cmでコンパクトに折りたたみ収納ができる
・90日間の返品・返金保証で絶対に失敗しない!
・自然に寝返りが打てるよう開発
・ベッドの上においても敷布団替わりにしてもOK!

 

 

エアウィーヴ

 

シングル98,000円
<おすすめポイント>
・厚さ10cmでコンパクト
・新素材で軽いのに反発力が高い
・水洗い可能で清潔に使える
・空気の通りがよく通気性抜群!

 

6.高反発マットレスはこんな人向き

高反発マットレスに変えて、快眠できる人の特徴を挙げていきます。

6-1.腰痛に悩んでいる

高反発マットレスは腰痛に悩んでいる人に特におすすめです。

 

高反発マットレスは、こんな人が使うと満足度が高くなる傾向があります。
反発の弱いマットレスは、寝ている間に腰にかかる体圧が大きくなってしまい、腰を痛めてしまいがちです。

 

高反発マットレスは体重を体全体で支えられている状態で眠ることができます。
腰の負担を最小限にできるので、腰痛改善に効果が期待できます。

6-2.今までマットレスを使って腰痛が悪化した

今まで何不自由なく使えていたマットレスなのに、最近起きたら腰痛が・・・ということはありませんか?
マットレスはだんだん中身がヘタって、腰や頭の部分が凹んできてしまいます。

 

このようなマットレスは、買い替えのサインです。
一部が凹んだ状態のマットレスを使い続けると、腰に負担がかかり腰痛の原因となってしまいます。

 

一度今使っているマットレスが凹んでいるかを確認してみてください。

6-3.肩こりに悩んでいる

腰痛だけではなく、肩こりに悩んでいる人にもおすすめです。
理由は腰の痛みの原因と同じく、体圧分散に優れているマットレスは、体の負荷が一点に集中しにくく、腰に負担がかかりにくいです。

 

肩こりにも原因があるので、すべての人に効果があるとは言えませんが、マッサージでは肩こりが治らない人はマットレスを変えると、肩こりが改善される場合があります。

6-4.長時間使っているマットレスがヘタってきた

マットレスは毎日使用すると、お尻の部分や肩・頭の部分がヘタってへこんだ状態になってしまいます。

 

マットレスの寿命は、製品によって変わりますが、マットレスのヘタりはマットレスの寿命がなくなってきていることを意味します。

 

マットレスがヘタってしまうと、体が床についている感じがして、快眠の妨げになってしまいます。
マットレスがへこんできたと思ったら、早めの取替えがおすすめです。

6-5.起きても体の疲れが取れない

寝たはずなのに疲れが取れないのは、快眠ができていない証拠です。
質の良い睡眠のためには、自然な寝返りが打てることが大切です。

 

人は寝ている間に何度も寝返りを打ちます。
高反発マットレスなら、少ない力で寝返りを打つことができて、寝ている間に余計なエネルギーを使いません。

 

よって、起きた時にスッキリしているのが高反発マットレスなのです。

6-6.横向きで寝ることが多い

いつもはどのような体勢で眠っていますか?
無意識に右か左を向いて眠っている人は、無意識に腰をかばっている傾向があります。

 

確かに、横向きで寝たほうが一時的に腰は楽になるのですが、良い姿勢で眠れているとはいえません。

 

高反発マットレスで仰向けの状態で寝ると、体が自然なS字カーブを作ることができ、姿勢を正常に保ちながら睡眠できます。
普段の姿勢改善にも効果的です。

7.高反発マットレスの種類とおすすめタイプ

高反発マットレスの種類は大きくポケットコイル、ボンネルコイル、ノンコイルの3タイプに分かれます。
この3タイプのマットレスのそれぞれの特徴を説明していきます。

7-1.ノンコイルマットレス

コイルを1つも使っていないマットレスです。
寝心地は最も布団に近く、ウレタンやラテックスの素材の特徴がそのまま生かされています。
今まで使っているベッドマットレスの上に敷いても使えて、持ち運び・お手入れも楽です。

7-2.ボンネルコイルマットレス

安価なコイルマットレスのほとんどがボンネルコイルマットレスです。
大量生産が可能なコイルを使用していて、コストパフォーマンスに優れています。

 

しかし、体圧分散性に優れておらず、腰や肩に負担がかかりやすい構造でもあります。

7-3.ポケットコイルマットレス

バネが一つ一つ袋に入っているので、ボンネルコイルよりも1万円?2万円価格が高いマットレスです。
コイルの一つ一つが体にフィットしてくれるので、背骨が左右に曲がらない正しい姿勢で眠れます。

 

価格は高いですが、寝心地が良くて最も人気のマットレスです。

8.まだまだある!楽天やAmazonで人気のおすすめマットレス

トゥルースリーパーcero<セロ>

トゥルースリーパーcero


トゥルースリーパーcero

タイプ ノンコイル
価格 シングル22,800円、セミダブル24,600円、ダブル26,800円
特徴 通気性に優れ、水洗い可能な便利さ重視のマットレス。

マニフレックス モデル246

マニフレックス


マニフレックス

タイプ ノンコイル
価格 シングル39,204円、セミダブル52,272円、ダブル65,340円
特徴 独自の高反発素材「エリオセル」を使用したマットレス。8万回の耐久実験から、12年間耐久保証付きです。

東京西川 AiR01

東京西川


東京西川 AiR01

タイプ ノンコイル
価格 シングル38,000円、セミダブル53,000円、ダブル63,000円
特徴 有名スポーツ選手御用達のマットレスブランド。多くの点で支える構造のマットレスで、自然な寝姿勢をキープできます。

ドルメオ DO4520

ドルメオ


ドルメオ

タイプ ノンコイル
価格 シングル59,900円、セミダブル69,900円、ダブル84,900円
特徴 表面と裏面で反発力が違うマットレス。硬さの違う2種類のウレタンが体圧分散を向上させます。

ナイスデイ 体圧分散高反発マットレス

ナイスデイ


ナイスデイ

タイプ ノンコイル
価格 シングル16,000円、セミダブル18,000円、ダブル21,600円
特徴 高反発マットレスの特徴だけをしっかりと押さえたサイプに優しいマットレス。折りたたみができるタイプもあります。

9.理想的な睡眠姿勢づくりのポイント

正しい睡眠姿勢は、健康な体づくりのためにとても重要です。
逆に、間違った睡眠姿勢は体調の不具合を起こすだけではなく、歯並び・骨盤の歪みなどにも影響を及ぼします。

 

正しい睡眠姿勢を理解して、少しずつ普段の姿勢を矯正していきましょう。

9-1.最も正しい睡眠姿勢は仰向け

横向き、仰向け、うつ伏せなど、寝る時の姿勢はいくつかありますが、最も体に負担が少なく、健康的な寝姿勢は仰向けであるといわれています。

 

仰向けは、気道が十分に確保される姿勢で、自然と呼吸が深くなり質の良い睡眠が取りやすいです。
また、血栓ができにくい健康的な寝姿勢でもあります。

 

全身にかかる負荷が最も均等になるため、腰痛や肩こりに悩む人にもおすすめの姿勢です。

9-3.マットレスはやわらかすぎても固すぎても体に負担がかかる

しかし、せっかく仰向けで寝ていてもマットレスが適切なかたさでないと、体の一点に体圧が集中して、腰や肩に負担をかけてしまう原因となります。

 

マットレスは、固すぎてもやわらかすぎても体圧を全体に分散することができません。腰が浮いて隙間が出ない程度に沈み込む固さが目安です。

9-2.背骨が自然なS字カーブになるようなマットレスが理想的

背骨はまっすぐではなく、緩やかなS字カーブを描く構造をしています。
このカーブを寝ている間もしっかりと保つことで、正しい姿勢で眠ることができます。

 

そのためには、腰が浮きすぎない・また沈みすぎない姿勢がキープできるマットレスを選びましょう。

10.人気マットレスのメーカーを徹底比較!

通販サイトで人気のマットレスから大手家具メーカーのマットレスを価格・体圧分散性・耐久性など5項目で比較しました。
比較したのはこちらのマットレスです。
ニトリ シングルマットレス(Nスリーププレミアム)

価格 評価
体圧分散性 評価
耐久性 評価
通気性 評価
利便性 評価

 

 

一番星 13層やすらぎマットレス

価格 評価
体圧分散性 評価
耐久性 評価
通気性 評価
利便性 評価

 

高反発マットレス モットン

価格 評価
体圧分散性 評価
耐久性 評価
通気性 評価
利便性 評価

 

マットレスパッド エアヴィーヴ

価格 評価
体圧分散性 評価
耐久性 評価
通気性 評価
利便性 評価

10-1.価格で選ぶならニトリ

ニトリのマットレスは、安価なタイプの商品は2万円代から販売されています。

 

寝心地や体圧分散性にこだわろうとすると、ニトリでも5万円〜7万円のマットレスを購入することになってしまいますが、価格を最も重視したい人にはおすすめです。

10-2.体圧分散性とコスパで選ぶならモットン

4万円以内のマットレスで、体圧分散性や耐久性の高いマットレスを選ぶならモットンがおすすめです。

 

モットンは8万回もの耐久実験を通して作られているマットレスです。耐久性が高く、厚みが10cmと薄くても反発力があるのが特徴です。
ベッドマットレスにも敷布団代わりにも使えます。

体圧分散性と寝心地にこだわる人には13層やすらぎマットレスがおすすめ

体圧分散性や優れた耐久性と寝心地を求める人には、13層やすらぎマットレスが最適です。

 

13層やすらぎマットレスは、独自の高反発ポケットコイルで、寝ている体をしっかりと支えてくれます。
コイルの耐久性も高く、極めてへたりにくいマットレスです。

 

質の高い寝心地をサポートしてくれるマットレスを探している人におすすめです。

高反発マットレスに関する豆知識

高反発マットレスについて知っておくと役立つ知識をまとめました。

マットレスのカビを防止する方法

マットレスはずっと床やベッドに置きっぱなしにしていると、底の部分に湿気がたまりカビが生える原因になってしまいます。
マットレスをずっと清潔な状態で保つためにも、週1回のメンテナンスが必要です。

 

お手入れ自体はとても簡単です。
週に1回、マットレスの四隅に厚めの本などを差し込みましょう。

 

マットレスの下に空気を通すことで、湿気がこもるのを防ぎます。
マットレスを使わない時に30分ほど行って、湿気を逃してあげてください。

高反発マットレスで睡眠の質を上げるには?

マットレスで睡眠の質を上げる最大の方法は、より自分にあったマットレスを選ぶことです。
しかし通販や店舗で選ぶ時に、自分に合うマットレスはどんなものなのか・どれがいいのかを明確に知ることができません。

 

そのマットレスが自分に合っているかを知る方法は、実際に使ってみる他ありません。
そこでおすすめなのが、モットンやトゥルースリーパーのような返金保証のあるマットレスです。

 

もしマットレスが自分に合わないと感じたら、購入した後でも返金・返品手続きを行うことができます。
返金保証つきのマットレスなら、気持ちよく眠れているかをじっくり確かめることが可能です。

 

ぜひ、睡眠の質を上げるためのマットレス選びに活用してみてください!

高反発マットレスを長持ちさせる方法

マットレスはずっと同じ部分に負荷をかけないようにすると、より長持ちさせることができます。
そのために、定期的にマットレスを裏返したり、上下を反転させたりして違う面を使うようにします。

 

面をこまめに変えることで、同じ場所が沈み込む回数や時間を減らすことができ、耐久性の向上につながるのです。

枕は高反発か低反発どちらがいいの?

低反発の枕・高反発の枕どちらにもメリットとデメリットがあります。

 

マットレスと同じく、低反発の枕は優しく包み込まれるような感触で、多くの人に好まれる寝心地が特徴です。
高反発の枕は、寝返りが打ちやすく首や肩への負担が少ないのが特徴です。

 

それぞれに良さがあるので、最終的には自分の好みで決めるのが良いでしょう。
また、店舗で枕の感触や寝心地を試してみるのがおすすめです。

まとめ

気になる高反発マットレスを見つけることはできましたか?

 

適度な反発力のあるマットレスは、自然な寝返りを打つことができ、少ないエネルギーでの睡眠が可能です。
また、体をしっかりと支えてくれて腰痛や肩こりの改善にも効果が期待できます。

 

今後、マットレスを買い換える際の参考にしてみてください!